相良村公式ウェブサイト

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

  • 日本語のページに戻る
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어

公会計(財務諸表4表)平成22年度〜

2021年4月28日

1.地方公会計制度とは

 財政の透明性を高め、住民に対する説明責任をより適切に果たすとともに、財政の効率化・適正化を図るため、現金主義・単式簿記による予算・決算制度を補完するものとして、財務書類の開示が推進されています。

 〇発生主義・複式簿記を採用することで、現金主義・単式簿記だけでは見えにくい減価償却費、退職手当引当金といったコスト情報、資産・負債といったストック情報の把握が可能になります。

 〇発生主義・複式簿記による財務書類を作成し、開示することにより、減価償却費等を含むコスト情報・ストック情報が「見える化」され、住民や議会への説明責任をより適切に果たすとともに、財政マネジメント等へ活用していくことが期待されます。

 〇統一的な基準では、固定資産台帳の整備を前提としているため、資産の情報を網羅的に把握することにより、公共施設マネジメント等への活用も期待されます。

 地方公会計の意義(総務省資料)(PDF 約161KB)

2.財務書類の作成

 統一的な基準が対象とする作成主体は、都道府県、市区町村、一部事務組合及び広域連合です。

 地方公共団体は、一般会計及び地方公営事業会計以外の特別会計からなる一般会計等を基礎として財務書類を作成します。また、一般会計等に地方公営事業会計を加えた全体財務書類、全体財務書類に地方公共団体の関連団体を加えた連結財務書類をあわせて作成します。

 財務書類の作成範囲(総務省資料)(PDF 約236KB)

3.財務4表とは

 統一的な基準による財務書類は、「貸借対照表」、「行政コスト計算書」、「純資産変動計算書」及び「資金収支計算書」の財務4表と附属明細書、注記としており、概要は以下のとおりです。

貸借対照表

  基準日時点における財政状態(資産・負債・純資産の残高及び内訳)を表示したもの。

行政コスト計算書

  一会計期間中の費用・収益の取引高を表示したもの。現金収支を伴わない減価償却費等も費用として計上。

純資産変動計算書

  一会計期間中の純資産(及びその内部構成)の変動を表示したもの 。

資金収支計算書

  一会計期間中の現金の受払いを3つの区分で表示したもの。

 財務4表の見方(総務省資料)(PDF 約1MB)

 

4.相良村地方公会計の公表


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

相良村役場 総務課
電話番号:0966-35-0211

この記事に関するお問い合わせ


  

記事一覧