○相良村公用車の貸出しに関する要綱

平成25年5月1日

告示第14号

(趣旨)

第1条 この要綱は、相良村公用自動車使用管理規程(平成13年相良村訓令第1号)の規定に基づき、公用車の貸出しに関し必要な事項を定めるものとする。

(貸出車両)

第2条 貸出しできる公用車(以下「公用車」という。)は、別表のとおりとする。

(貸出対象者)

第3条 公用車を使用することができるものは、自主的な公益活動(営利、宗教、政治活動等の目的とするものを除く。)を行う、次に揚げる村内の各種団体とする。

(1) 学校、PTA、子ども会、保育園の父母会等の教育・老人クラブ等の福祉関係団体

(2) 文化・スポーツの活動を行う、相良村教育委員会に届け出済みの社会教育団体

(3) 防犯活動、交通安全活動団体

(4) ボランティア団体

(5) その他村長が特に認めた団体

(貸出基準)

第4条 公用車を貸出しする場合は次の各号のいずれかに該当する場合に限り貸出しを認める。

(1) 村内の防犯パトロール及び交通安全指導の用に供するとき

(2) 公共性、公益性の高い啓発活動の用に供するとき

(3) 村内の美化及び清掃活動の用に供するとき

(4) スポーツ大会(練習試合を含む)・イベントの備品等の運搬及び送迎の用に供するとき

(5) その他村長が特に必要と認めた活動の用に供するとき

(使用の申請及び承認)

第5条 公用車を使用するとき各種団体の代表者は、使用日の1カ月前から前日までに公用車使用許可申請書兼誓約書(別紙様式1)に運転者の免許証の写しを添付のうえ、村長の承認を得るものとする。

(使用の許可)

第6条 前条の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、使用許可書(別紙様式2)により申請者に交付する。この場合必要な条件を付すことができる。

(使用の取消し)

第7条 公用車管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、公用車の使用を取消すことができる。

(1) 緊急の用務が発生したとき

(2) 公用車管理者が不適当と認めたとき

(3) 公用車使用申請書に偽りの記載が認められたとき

(使用制限及び条件)

第8条 公用車の使用承認を得た者(以下「使用者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。ただし、村長が特に必要であると認めたときはこの限りではない。

(1) 貸出公用車の使用地域は、九州管内とする。

(2) 使用者は、使用前及び使用後に必ず公用車の車内外を点検するとともに、異常を認めたときは、公用車管理者に報告するものとする。

(3) 使用後は公用車の車内外は清掃するものとする。

(4) 公用車の連続使用は、3日を限度とする。

(運転者)

第9条 公用車を運転する者は、村職員、村が委託した者、又は公用車管理者が認めたものとする。

(費用の負担)

第10条 使用者は、次の経費を負担しなければならない。

(1) 利用時にかかる一切の料金

(2) 前1号に掲げるもののほか、村長が必要と認めた費用

2 前項の費用は、村長が特に必要があると認めた場合は、これを減額し、又は免除することができる。

(損害賠償及び求償)

第11条 公用車の運行によって発生した交通事故について、村がその損害を賠償すべき責任がある場合には、自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第71条の規定により政府が行う自動車損害賠償保障事業を基準として適正な賠償をするものとする。

2 前項の規定により村がその損害を賠償した場合において、当該交通事故が使用者その他の関係者の故意又は重大な過失によって発生したものであるときは、村が賠償した金額の全部又は一部を使用者に求償する。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成25年5月1日から施行する。

画像

画像

相良村公用車の貸出しに関する要綱

平成25年5月1日 告示第14号

(平成25年5月1日施行)