○相良村二次予防通所型介護予防事業実施要綱

平成25年3月29日

告示第9号

(目的)

第1条 この要綱は、地域の高齢者が介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)における要支援及び要介護状態になる前から介護予防を推進することにより、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を継続することができるよう、自立保持のため身体的、精神的及び社会的機能の維持向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 高齢者 相良村内に住所を有する65歳以上の者をいう。

(2) 二次予防事業対象者 在宅高齢者のうち、生活機能が低下し、要介護状態等になるおそれがある者をいう。

(3) 専門職員 医師、理学療法士、運動指導士、保健師等この事業の実施に当たり必要と認められる者をいう。

(4) アセスメント 高齢者の自立支援に向けての調査及び評価をいう。

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は相良村とする。ただし、第1条の目的を達成するために必要な場合においては、社会福祉法人、医療法人又は民間事業者等へ委託することができる。

(事業対象者)

第4条 この事業の対象者は、二次予防事業対象者であって、地域包括支援センターが行うアセスメントにより、次条に掲げる内容が必要と決定されたものとする。

(事業内容)

第5条 この事業の内容は、次に掲げるものとする。

(1) 事前アセスメント 専門職員により、当該サービス実施前の健康状態、生活習慣及び体力水準等の状況を個別に調査すること。

(2) 介護予防支援計画の作成 事前アセスメントに基づき、本人の同意のもとに個別の介護予防支援計画を作成(目標設定を含む。)すること。

(3) プログラムの実施 個別に作成した介護予防支援計画に基づく事業を実施するとともに、居宅生活においても自主的に実行できるように支援すること。

(4) 事後アセスメント 個別に作成した介護予防支援計画の目標達成状況及びプログラムの実施後の状態等を評価すること。

(利用申請)

第6条 利用の承認を受けようとする者又は利用の変更を希望する者は、相良村二次予防通所型介護予防事業利用申請書(様式第1号)により村長に申請するものとする。

(決定及び通知等)

第7条 村長は、前条の規定による申請を受理したときは、内容を審査し、利用の可否を決定したときは、相良村二次予防通所型介護予防事業利用承認(不承認)決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 前項に規定する決定の有効期限は、地域包括支援センターにおいて、当該事業を継続して受ける必要がないと決定された日までとする。

3 村長は、第1項の規定により利用の承認を決定したときは、受託者に通知するものとする。

(実施期間)

第8条 この事業の実施期間は、おおむね6か月間を1コースとする。

(利用料)

第9条 利用料は無料とする。ただし、受託者は事業実施にあたり必要があるときは、利用者に対し原材料費等の実費負担を求めることができるものとする。

第10条 この要綱に定めるもののほか、相良村二次予防通所型介護予防事業の実施に関し必要事項は、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

相良村二次予防通所型介護予防事業実施要綱

平成25年3月29日 告示第9号

(平成25年4月1日施行)