○会計管理者の補助組織設置規則

平成19年3月23日

規則第4号

相良村収入役の補助組織設置規則(昭和39年相良村規則第14号)の全部を改正する。

(室の設置)

第1条 会計管理者の権限に属する事務を処理させるため、会計室(以下「室」という)を設置する。

(主幹、係長若しくは参事及び職員)

第2条 室に主幹、係長若しくは参事及び職員を置くことができる。

2 主幹、係長若しくは参事及び職員は、会計管理者の指揮を受け、室の分掌事務をつかさどり、事務に従事する。

(事務分掌)

第3条 室の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 現金(現金に代って納付される証券及び基金に属する現金を含む)の出納及び保管に関すること。

(2) 小切手の振出しに関すること。

(3) 有価証券の出納及び保管に関すること。

(4) 現金及び債権、基金の記録管理に関すること。

(5) 支出負担行為の確認に関すること。

(6) 決算の調整及び提出に関すること。

(7) 物品の出納及び保管に関すること。

(8) 物品及び公有財産の記録管理に関すること。

(9) その他出納及び保管事務に関すること。

(補則)

第4条 この規則に定めるもののほか、室の事務取扱及び職員の服務その他については、相良村決裁規程(昭和50年相良村訓令甲第1号)相良村職員服務規程(平成7年相良村訓令第1号)の例による。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(収入役の経過措置)

2 この規則の施行の際、現に地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条第1項の規定により、収入役が在職する場合においては、その任期中に限り、改正前の規則は、なおその効力を有する。

会計管理者の補助組織設置規則

平成19年3月23日 規則第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年3月23日 規則第4号